今からでも大丈夫?リップル購入までのチェックポイント

>

ここに注意して取引しよう

チャートを活用していますか?

当初は口座を開設し、リップルを購入するだけでワクワクしたけれど、実際のところあまり稼ぐことができない。投機は市場にもよりますし悪材料などのニュースが続くと中々増やすことができません。また悪材料がないにも関わらず、相場が停滞しているときもあるでしょう。
そんなときに焦ってついつい売りにだしたり、追加で購入してしまったりすることもあり、これを狼狽といいます。人間、誰でも焦りはありますし、うろたえることもあります。しかしこの狼狽で損をだしてしまうことが非常に多いのです。
そんなときはまずチャートを活用しましょう。取引所に設置されているローソク足チャートは、江戸時代からある信頼性のあるチャートです。海外でも使われていますし、5分~1週間と細かく指定して確認することができます。

ここに注意して取引をしよう

チャート分析、メディアの状況チェックし市場に影響がでるニュースがないかチェックをしている。しかし状況は変わらない。そんなこともありますし、リップルはビットコインのように数時間で数十パーセントの変動があるわけでもありません。こんなときは、のんびりと構えることも重要なのです。
前の項目でも申した狼狽は損をする可能性がありますし、上手くいったとしてもそれは運ですので次回に活かすことはできません。またリップルは変動が浅いため、スキャルピングという数分で取引をして利益を出すというのが非常に難しいコインです。
悪・良材料を含み相場に影響がないとおもったときは、仮想通貨のことを忘れてリラックスすることも重要だといえます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る