リップルを取引する時にチェックすべきポイントは?

今からでも大丈夫?リップル購入までのチェックポイント

今更聞けないリップルって何?

人気の仮想通貨と言えばビットコインとリップルですが、そのリップルの購入を購入する方法を公開しています。 どの取引所でも購入できるわけではないので、適当に口座開設をすればよい訳ではありませんし、信頼できる取引所でなければトラブルの元になる可能性もあります。

まずは購入してみよう!

ビットコインと同じように、仮想通貨と言えばリップルが挙げられることが多くなりました。将来性の高いコインとしてあげられることが多く、何も知らないまま所持しているという方も中にはいらっしゃるとおもいます。また何となく投機しているので、イマイチ状況が分からず狼狽売りをして損をしてしまっている。そんな方に送る「リップルとは何か?」から始めたいとおもいます。

まずこのコインは2004年にリップル社でプロジェクトが始まりました。その後、2013年に仮想通貨として上場しました。リップルの大きな目的としては「決済と送金の迅速さ」に焦点を置いています。従来の決済や送金は依頼者が送金し、実際に手続きが完了するまでにいくつもの金融機関を隔てる必要がありました。そのため、手数料が多く発生してしまうこと、さらには時間のロスがでてしまい仮想通貨としてのメリットを感じることができなかったのです。しかしリップルに関しては世界中にある銀行をリップル社が構築するネットワークと繋ぐことで、決済・送金処理を迅速に行えるようになっています。

また大きな特徴として、リップルはリップルネットワークにアクセスする際に、微量ながら手数料が必要となります。それはリップルネットワークがトランザクション(処理)をする際の手間賃で、仮に外部からの攻撃や不正アクセスがあった場合は、その手数料を増加させ不正アクセスをした相手を破産させることもできるといえます。
これらの判断材料からリップルは安全で迅速なコインだといわれています。

ここに注意して取引しよう

購入したいときに購入する、というのは誰でもできることですが投機をするにあたってそのマインドは非常に危険です。 ここではリップルを購入した後に、どのような点に注意しながら取引をすればよいのか説明しています。リップルの投機で、うまく稼げないという方にはおすすめの情報です。

枚数が増えたらウォレットへ!

なんとなくコツがわかってきたし、少しずつリップルの枚数が増えてきた。ようやく初心者から脱却しつつある状況ですので、ウォレットについて解説していきたいとおもいます。 自分の資産をしっかり守るためにも、ウォレットについて知る必要があるといえるでしょう。

▲ TOPへ戻る